激安UTEBIT NP-F970互換バッテリーをLEDライト用に購入してみた件

シェア

オハヨウゴザマスたま男です
今回はYouTube動画撮影の照明のLEDライトなど
撮影機材の電源に使用できる激安大容量の
「UTEBIT NP-960 / NP-F970 ソニー対応 互換バッテリー」
を購入したのでその開封とテストの件です

長い前置き話と最後にYouTube動画もありますので
お急ぎの方は目次からどうぞ!

NP-F系バッテリーとは?

近年「動画」を撮影をする機材が注目されています
カメラ本体はもちろんマイクや照明など動画のクオリティを上げる機材をお探しの方が多い
それを牽引してるのはYouTube人気で

「自分で動画を撮影して編集してアップしたい!」

・・と見てるだけではなく自分で動画を作ってる作ってみたい
という人が老若男女増えているからで
有名なユーチューバーの様な動画を作りたいからどんな機材にすれば良いか考えたり
それこそユーチューバーがオススメの機材を紹介してて買ってみる人も多いだろう

逆に言えば
あまりクオリティが高く見えないYouTube動画の特徴とは

・マイク(音量)が小さくてよく聞こえない
・照明が暗くて見えにくいし地味な印象

などでこの2つは結構ありがちな問題だ
そんなワケで形だけでも有名人の真似で撮影機材にはこだわりたいトコで
視聴者への見栄え・印象を上げるのは決して無駄ではない

ソニーバッテリーの話

そんな風に近年YouTubeに限らず他の趣味でも
「動画撮影」は個人でいろいろと本格的な機材を揃えて楽しめる環境が整ってきている

昔は運動会やお遊戯回のパパの撮影と言ったファミリーの撮影ではなく
動画撮影そのものを趣味をしてる方はあまり居なく珍しい
また機材もプロ向けの何十万もする様な機材を使用する趣味でしたが

近年はミラーレスカメラの写真用カメラでも動画が撮れ
Amazon等で激安のカメラ機材がたくさんあり
一昔前まではプロやセミプロの一部の人が使ってた様な機材が
手頃な価格で試せる様になっています

そんな激安カメラ機材の中でも以前からご利用してる方が多いのが

「互換バッテリー」でしょう

一眼レフカメラやミラーレスのメーカー純正バッテリーは高い!
しかも動画を撮ろうとするとドンドン容量が減っていく
数を増やしたくても高すぎて買いにくい

なので新しいカメラを購入したらとりあえず互換バッテリーを数個購入しておく
という作戦をとる方は以前より普通になってきました

以前は「激安の中国製バッテリーはなんか不安」という印象がありましたが
何時までもそんな印象をもってるのが無駄なくらいどんどんクオリティが良くなり
そもそも日本メーカーのカメラ・バッテリーも中国製だったりする現代
互換バッテリーは十分使える製品になっています

そういった互換バッテリーは使用するカメラによって色々と種類がある
・・というよりもカメラの数だけ種類があるといったくらいバラバラですが
ソニーに限っては昔からあまりその印象がありません

写真用カメラのNEXやミラーレスの「ILCE-6300」などや
フルサイズの「α7」などアルファシリーズは

「NP-FW50」だけで殆ど全部使えます
(つまりその互換バッテリーを購入すればOKです)

これはカメラを買い替えたりしても
バッテリーはそのまま新しいカメラでも使えるという事で
長く同じソニーのカメラを使っていけばバッテリーを買い足さなくても済む
メーカー側もそれもみこしてバッテリーの規格を変えないでいる様です

バッテリーの使いみちの多さ

そしてここからが本題ですが
そんな写真カメラ用のバッテリーと同じくソニーは
動画用のビデオカメラのバッテリーも変えていない印象があります

それが「NP-F」系のバッテリーです

便宜的にこう呼んでいますがソニーのバッテリーには
殆ど「NP-F」から始まる型番が付いています

この記事では「NP-F970」とか「NP-F570」といった
大きめのビデオカメラ用のバッテリーを指しています

ハンディカムなどの家庭用のビデオカメラは小さいタイプですが
業務用・プロ用の大きなカメラにも使われてる大きなタイプです

ご家庭のビデオカメラ使用では運動会やお遊戯回を1日分とかなら
予備バッテリー無くてもあってもせいぜい1〜2個あれば十分ですが

業務となるとバッテリー切れで撮影できない!というワケにはいかないので
大容量で大きなバッテリーを複数常備してるわけです

そしてそんなプロ用機材はそのうち買い替えが必要になってくる時に
またソニーのカメラを検討・使用しようとしたら

バッテリーの規格が変わってて予備と互換性が無い!

なんて事が無いように
NP-F970などは長い間使われているわけです

しかもソニー純正は高い!のでなおさらバッテリー規格を変えてまで
他のパナソニックやビクターに乗り換えはし難いでしょう

ちなみにNP-F970の純正はAmazonでも約15000円します!

今回の「970」純正ではすごく高いですが
これより安い「570」や「330」などもあります

数字が小さいほど容量が少なく価格も安く軽いという目安になりますので
970は逆に容量が多く価格が高く重いという事になります

この様にバッテリーは高いですが以前から使われている
つまり普及してるという意味でもあるので
現在はカメラ本体用だけではなく他の撮影機材にも使用できます

その代表的なのは

・LED照明(ライト)のバッテリー
・外部モニター

などでしょう
LEDライトは現在は特にYouTubeで動画を撮影する時の
「自撮り」の照明として使用してる人が多く
その電源として「NP-F970」を使用できるのです

多くのLEDライトは小さいのは乾電池ですが
大きくなるとACアダプターかバッテリーを使用する事になり
その対応バッテリーは「NP-F970」などが指定されてるからです

つまり動画撮影するユーザーは「NP-F」系バッテリーを持ってるだろうから
LEDライトのバッテリーもそれを使えるようにしたよ!というワケ

という事でここまでで

・動画撮影に「NP-F970」系は使いみちが多い
・でも価格は高い!
・しかしYouTube動画撮影などにはあると便利カモ

といった前置き話をしておいて
ここからはそれからどうした?の件です

UTEBIT互換バッテリーを購入

長い前置き話の通りメーカー純正のカメラ用バッテリーは高い!
なので現代は普通に互換バッテリーを購入する人が多い

そしてNP-F970といったビデオカメラ用の大容量のも
定価はすごく高いがモチロン互換バッテリーはある

その前に私が普段YouTube動画で使ってる照明器具は
こちらのLEDライトです

「Viltrox L132T LEDビデオライト」と
「Neewer BB-6 AA」という製品名です

このビデオライトはYouTube撮影には便利で
光量も十分かつデュフューザーいらずの柔らかい光なので
オススメのライトなのでそのうち記事にしますが

バッテリーの方は既に互換バッテリーを使用してる様に見えて
実はこの画像のはバッテリーではなく乾電池用のスペーサーです

つまりアルカリ電池やエネループなどの単3形電池を入れて
NP-F970みたいにして使用するアダプターです

なのでこれでもこのビデオライトは使えるのですが
当然使用してると中身の充電池の交換充電が必要になってきます

使用する電池は6本なのでそれを充電するのも億劫になってきた為
今回は新たに互換バッテリーを購入したというワケです

この2つのAmazonのリンクを貼っておきます
YouTube動画には十分使えるライトです

エネループなどをたくさん持ってる方は
コチラのアダプターで低価格で済みますね

↑上記の2つの製品で2年ほど
YouTubeやバイク整備時のワークライトとして使用してましたが
電池交換がメンドウになってきたのと1つだけでは運用が捗らない
といった理由がでてきたので

今回新たに互換バッテリーを買ってみました!

正確には既に半年実際使用してからこの記事を書いてます

購入したのは「UTEBIT NP-960 / NP-F970 ソニー対応 互換バッテリー」で
「UTEBIT」はAmazonで激安カメラ機材では結構名前を見るメーカーですね

モチロン中国産のですが前述とおり
今時日本メーカーのバッテリーも中国産ですし
以前より問題は無く使用できるのが殆どですのであまり抵抗は無いですね

それより価格が激安で現在は約4800円前後です

結構な値段がしますがこの価格はバッテリー2個と充電器でです!
つまり2個で純正1個の3分の1以下です

詳しく見てみよう

それにしても届いたパッケージが結構ちゃんとしてる!

以前はこの手の激安品はグレーのビニール袋に直に入ってる様なのばかりでしたが
流石に今は梱包にも気を使った製品が増えてきましたね

中身はバッテリーが2個とUSB充電器とケーブルです

バッテリーが2個あると結構重量級です!
予備バッテリーという性質上はじめから2個あった方が良いでしょう

バッテリーを見てみると・・

7.2V 6600mAhとあります結構な大容量ですね
その分重さもなかなかな重量です

充電器の方はその受けの形状で
充電するピンが出ています

見てのとおり2個同時充電ができます
これは同時と言ってもちゃんと個別に充電ができるタイプで
状態を示すランプも2つあります
激安品の中には個別のバッテリ状態を無視してバラつきが出るのもありますが
これはちゃんと2つともフル充電できるタイプです

充電は付属のケーブルをマイクロUSB端子に挿すだけです
マイクロUSBならスマホなどで使用してる人が多いので
その充電器(ケーブル)でもいけます

ちなみに入力は「2.1A」と書いてあるので
スマホの普通の急速充電器が使えますね

充電器にバッテリを装填すると・・

デカイバッテリーと小さい充電器でなかなか面白い図になります

充電時間は大容量なのでそもそも時間がかかるのは当然ですが
昔のスマホの1Aとかでなければ寝てる間に完了するというカンジです

使用してみよう!

充電も済んだことだし早速使用してみよう!
ときばるまでもなく使い方は普通のNP-F系と同じで
使用する機器にガチャンとセットするだけ

何も問題なくすんなり使用できました!

こういった互換バッテリーは装着が固かったり
逆にロックせず緩かったりと不具合が出やすいですが

特に問題はなくカッチリと装着できました!
しかしこれは使用する機器にもよるので何ともですが・・

気になる電圧稼働時間ですが
カメラやライトの残量は「電圧」で見てるのか

電圧が低い(弱い)互換バッテリーだと残量が低く表示されますが
このUTEBITのバッテリーをマルチメーターで計測してみると

8.4Vと十分な電圧がありました!

これはAmazonのページに公証してる数値と同じで
実際ビデオライト側の表示もちゃんと表示されます

使用できる稼働時間ですが
LEDビデオライトで使用できた時間は・・

ぶっちゃけよくわかりません!

それは充電が切れた事がないくらい長持ちする!という意味です

何か撮影をしてて長時間経っても特に不安になる事がないくらい
延々と稼働してるが一応その後充電するので切れた事が無い
といったカンジです

これはあくまでLEDライトなのでそもそも省電力なので長持ちするわけですが
外部モニターなどもっと容量を食う機材でも
970クラスの大容量なら長時間使用できますね

Amazonのレビューには
2つのうち1個がダメだった!
といった口コミもありますが私のは2つともアタリでした!

LEDライトの使いみち

今回は互換バッテリーの件でしたがLEDビデオライトは
YouTube動画など撮影に使うのはモチロン

バイクや車の整備の「ワークライト」として屋外で使用もできますので

そういったACアダプターではできないバッテリー駆動での運用には
今回の互換バッテリーがあると色んな作業が捗り便利です!

具体的には私はYouTubeとこのブログで使用する
写真と動画の殆どをこのLEDライトを照明にしています

YouTubeではスーパーカブ整備の動画をアップしてるのですが
ワークライトとしてはモチロン
動画撮影でも手元を見せる時や
夜間の撮影や奥まったところは暗いので役にたちます

上は写真ですが動画でも同様にLED照明を点けたままで撮影してます
写真ならストロボでも良いですが光の当たりが強いので調節しないとならず
LEDライトの方が楽ちんというのもあります

またYouTubeとブログの動画と写真は一緒に撮影するので
サムネイル用の写真も動画撮影時に撮っておきます

いわゆる「ぶつ撮り」のライティング的には上の画像は影が出ててダメですが
YouTubeのサムネイルくらいならLEDライト1個でこんな風に撮れます

UTEBIT NP-960 / NP-F970 ソニー対応 互換バッテリー 2個 + USB充電器キット リチャージャブルバッテリーパック

YouTube動画を見てみる

今回の記事はLEDビデオライトの互換バッテリーの件ですが
それは主にYouTube動画撮影で使用しています
そしてその動画もあるいのでよろしかったらどうぞ!

こちらは実際にLEDライトを使用すると
どの様に撮れるのか?明るさは?といった短い動画です

こちらが今回の記事の内容に沿った開封とテストの動画です

ad336
ad336

シェア

フォロー